子の成長を見守るナチュラルな家

「夏は風呂上がりに吹き抜けの下に立つと、風が抜けて気持ちいいんですよ」と笑うご主人。

家づくりにあたって、調べれば調べるほど高気密・高断熱の魅力にはまっていったそう。お子さんが生まれたばかりだったこともあり、納得いく数値をクリアできる工務店を探していたようです。そんなご主人がパートナーに選んだのは、世界基準の住宅性能を誇る『低燃費住宅』でした。

高い気密性と断熱性を生かし、暑い夏や寒い冬でも、室温の温度差がなく快適。

「西日の当たる部屋がもわっと暑くないことに驚きました」と奥さま。

性能を大事にしながらも、体にやさしい漆喰や無垢材などを使ったり、玄関や洗面台のデザインといった夫妻のこだわりを取り入れたり、自由度の高い家づくりも弊社の特徴です。

長期的な家のランニングコストを抑えることで、子どもが大きくなっても家が負債にはならず、確かな財産であり続ける。

“やがて子どもを守る家”。『低燃費住宅』が大切にする家づくりのコンセプトは、住むほどにその価値が伝わることを願っています。

吹き抜けにある窓から光が降り注ぐLDK。

シーリングファンを伝って風が抜け、ここにいるとまるで家が呼吸しているかのような心地よさ。

壁や天井は調湿効果のある漆喰で仕上げ、カビの心配もなし。外断熱と内断熱のハイブリッド断熱により、壁内に結露が発生しないので家が長持ちする。

ダイニングの天井の一部にはウェスタンレッドシダーを施し、夜には間接照明が落ち着いた雰囲気を演出する。

裸足でも気持ち良く過ごせるよう床材に無垢のカバザクラを採用

キッチンから水回り、玄関へとつながる回遊式の動線が、働くママの負担を軽減。
垂れ壁のないハイドアを採用することで、空気の熱がたまらず快適な室温に 

吹き抜けにあるファンによって家の空気が巡り、室温が均一になる。

脱衣室も、トイレの中も快適。子どもが寝ていて布団を蹴飛ばしても、かぜの心配もなし。
エアコンは2台だけなので光熱費はもちろんのこと、数年後の買い替えコストも抑えられる。
浮いた分は子どもの習い事や家族旅行などに投資できるのもうれしい

忙しい朝、夫妻が同時に支度できるようにした幅広の独立型洗面室。モザイクタイルをあしらった奥さまお気に入りの場所

 

夏は2階のエアコンから涼しい風が1階に流れ快適

 アクセントウォールがおしゃれな寝室。室温が一定だから、エアコンがなくても熟睡できる。

すぐ隣にはご主人の書斎を併設

 ダイニングの天井と同じ木材を使った庇がおしゃれ
 
 
 
 
外観にはメンテナンスフリーのアルセコを採用
 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る