家事に育児に、今も未来も幸せ&健やかを運ぶ家

ご主人大満足の夏の涼しさも、奥さまが趣味の楽器を楽しめる遮音性の高さも、結果として得られたもの。

喘息のお子さまが「少しでもあたたかく、健康的に過ごせる家を」。

そんな心からの願いに、『低燃費住宅』が世界基準の性能で応えさせていただきました。

 

入居3年、1番の喜びは想像以上だった夏と冬の心地よさだったそうです。

取材は2月中旬でしたたが、「暖房1台ついていないことは驚きだった」と取材スタッフの方々。

 

「朝の着替えが楽だし、脱衣室が冷たくないのもうれしい」と奥さま。

実は安心して快適に過ごせる環境こそ、家事・育児を楽に、楽しくしてくれる。

そんなことを教えてくれる一棟です。

 

 

無垢のカバザクラと調湿・消臭効果をもつ漆喰に包まれた2階LDK。

世界基準の気密・断熱性能が実現する秘密は、セルロースファイバーによる内断熱に、外張り断熱までプラスされた「ハイブリッド断熱」。

内部結露が発生しないため、アレルギーの原因となるカビ、ダニの心配がないだけでなく、家自体の寿命が伸びるため資産価値が長く維持される。

メンテナンス費用が抑えられることもうれしいポイント

 

食事は1階DKが中心になるので、2階のキッチンは簡易的なものを選んだ。

開放的な空間をもち、2世帯住宅のサイズと仕様を有するが、光熱費は「友だちの家より、ずっと少ないみたいです」と奥さま。

優れた性能に加え、1棟ごと光と風をシミュレーションし、自然の力を活かす設計が暮らしに表れる

 

 

LDK上部にはロフトが用意されている。階段でアクセスするので、秘密基地や収納に大活躍♪

 

子ども部屋は成長にあわせて、分割する造りに。

LDKを経由する周遊動線が、楽しさと家族のつながりを育む

 

 

住宅街になじみながらも、パッと明るい個性を放つ外観。

外壁にはメンテナンスフリーで、高い耐火性や衝撃耐性をもつ、ドイツ生まれの「アルセコ」を採用

 

 

 

建物全体の熱損失のうち約40%が窓からといわれるが、同社ではヨーロッパ製のトリプルガラス樹脂サッシを標準採用する。※
遮音性の高さも魅力で、以前は近くの田んぼからカエルの鳴き声が届いたが、今はまったく気にならないそう。
夏の日差しが強い面では、さらに外付けのブラインドシステムが設置され、光と風をコントロール。
外部からの影響を最小限にしている 
 
※現在は低燃費住宅限定国産サッシを採用しています

1階DKは家族の動線とお客さんの目線に配慮して計画。

親戚が集まるときには和室も一体化できるよう、建具にもひと工夫。

 

 

 たっぷり&機能的な収納が、玄関のスッキリに貢献。

 

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る