岡山〜静岡の“遠距離建築”を経た 子どもの未来を守る家

 
ご主人の転勤で、岡山市内のアパートに住んでいたI さん。
次女の小学校入学に合わせて、奥さまの故郷・富士市で新築しようと計画し、ご主人がネットで見つけたのが弊社『低燃費住宅 静岡』。
奥さまは間取り優先だったけれど、弊社のコンセプトや世界基準の性能を知るうちに興味が湧き、モデルハウスを宿泊体験して即決。
岡山と静岡という遠距離のため、打ち合わせは月に1〜2度で、武田も岡山へ足を運びました。
完成した住まいは、LDK を中心にぐるぐると回遊できる間取りで、ダイナミックな吹抜けや富士山が見えるロフトなど、大人も子どももワクワクする仕掛けが満載。
汗だくで帰ってきた子どもたちが玄関ドアを開けた瞬間「シアワセ〜」と叫ぶように、エアコン1台で家中どこにいても温度差がない空間は人にも家計にもやさしい。
3人の子育てに追われる奥さまも、家事育児を「頑張る」から「楽しむ」に変わってきたそうです。素敵ですね(*^^*)
将来子どもたちが巣立った後も、帰ってきたくなるお家になれば幸いです。

 

 

 

 

深い庇が夏の日射を遮り、冬はたっぷり光を届けます。

 

 

 

家族が自然に集まってくる高い吹抜けのLDK。

標準仕様の無垢の床、漆喰の塗り壁に包まれた空間に、きれいな空気がゆっくりと流れます。

 

 

開放感抜群のスケルトン階段。

 
 

 ペアガラスの5倍以上の断熱性能を持つトリプルガラスのユーロサッシ。
 
 
 24時間給排気を繰り返すドイツ製第1種換気システムを採用し、窓を開けなくても家中クリーンな空気を循環させます。
 
 
 

富士山が見えるロフトはご主人の書斎。
 

リビングと連続するフリースペース。
 

玄関前の木製の格子がアクセントに。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る