線路沿いなのに、静かな家

なるべく建物に予算をかけたいと、Kさんが購入されたのは線路沿いの狭小地。「不安はありませんでした。『低燃費住宅』さんの理に適った設計と性能なら、快適に暮らせると信じていましたから」と奥さま。

完成した住まいは、床面積27坪とは思えないほどの開放感があり、無垢の床と漆喰を贅沢に使った空間に時間がゆっくりと流れます。

25センチ厚の外壁、W断熱、トリプル樹脂サッシを標準化した高性能な家づくりで、エアコンに頼ることなく夏も冬も快適で、目の前を走る電車の音も気にならなりません。

「太陽光発電なしで年間光熱費は10万円前後。新築後もゆとりがあり、安心して暮らせます」と微笑む奥さま 。

子どもの健康と未来を守る資産価値の高い家で、今日も家族の笑い声が弾ける。

床は無垢のアカシア、壁は調湿効果の高い漆喰が標準仕様。

窓を開けなくても24時間換気で、常にクリーンな空気が循環するため、ご主人の花粉症も軽くなった 。

視界が開け、自然光がオフホワイトの漆喰に反射することで、実面積よりも広く感じられるLDK

「コンパクトな空間でも狭く感じない空間にしてほしい」という要望にお応えした吹き抜け。家中の空気が循環し、どこにいても温度差が少ない。

W断熱+国産トリプルサッシを標準採用。壁内結露もなく健康的に過ごすことができ、内開きなのでお手入れもしやすい 。

線路沿いに建つK邸。世界基準の高断熱性能とトリプルガラスにより、騒音も気にならない 。

アーチのポーチでお出迎え

玄関とリビングの中間に設けた手洗いコーナー


世界基準の高断熱・高気密・遮音性能により、近所迷惑を気にすることなく、思い切りピアノを弾ける。

室内干しもすぐ乾き、不快なニオイもなし!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る