建築中の『低燃費住宅』を見学してきました。~外付けブラインド編~

初めて『低燃費住宅』を見て驚いたのはこの屋外にあるブラインドです!

これは「夏の暑い日ざしをさえぎるためには
屋内にブラインドをつけるより、屋外にブラインドを採用する方が効率的」
という考え方に基づくもの。

熱を部屋の内側で止めるのではなく
部屋の外側で止めることで夏場の熱をカットしてくれるのです。

 

IMG_0175

そして、この断熱効果をさらに効率的にしているのが
低燃費住宅独自の「ハイブリッド断熱工法」「ユーロサッシ」

inslation03

crosssection

屋外ブラインドで外熱をシャットアウトし
部屋の温度を保つためのアイデアが凝縮されているのです。

低燃費住宅は「パッシブデザイン」
(特別な機械装置を使わずに建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境をつくりだす)という手法を取り入れて設計されています。

お風呂、トイレ、寝室、洋間、リビング、ロフトと部屋全体の温度を
一定に保ち部屋全体の温度を一定に保ち
夏は涼しく冬は暖かい理想的な住まいを手に入れることが出来るのです。 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る